特定医療法人共和会 共和病院

テスト投稿2 2019.04.06 | お知らせ

今夏に韓国で開催される18歳以下のU18W杯に向けた国際大会対策研修合宿が6日、大阪府内で行われ、今秋ドラフト1位候補で大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)が、ケース打撃で高校生史上最速の163キロをマーク。2回を投げ、6者連続三振を奪った。今夏に韓国で開催される18歳以下のU18W杯に向けた国際大会対策研修合宿が6日、大阪府内で行われ、今秋ドラフト1位候補で大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)が、ケース打撃で高校生史上最速の163キロをマーク。2回を投げ、6者連続三振を奪った。今夏に韓国で開催される18歳以下のU18W杯に向けた国際大会対策研修合宿が6日、大阪府内で行われ、今秋ドラフト1位候補で大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)が、ケース打撃で高校生史上最速の163キロをマーク。2回を投げ、6者連続三振を奪った。今夏に韓国で開催される18歳以下のU18W杯に向けた国際大会対策研修合宿が6日、大阪府内で行われ、今秋ドラフト1位候補で大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)が、ケース打撃で高校生史上最速の163キロをマーク。2回を投げ、6者連続三振を奪った。今夏に韓国で開催される18歳以下のU18W杯に向けた国際大会対策研修合宿が6日、大阪府内で行われ、今秋ドラフト1位候補で大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)が、ケース打撃で高校生史上最速の163キロをマーク。2回を投げ、6者連続三振を奪った。

関連記事

7月22日(月) からの院内への出入口変更のお知らせ

共和ロゴ

テスト投稿1

見学会、インターンシップ、就職試験案内