TOPICS

2015/04/24

あしび広報誌 第29号

あしびの玄関先の鉢代わりの樽に植えた、小さなあしびの木に花が咲きました。足踏みしていた春がようやく動き始め新緑の季節へと移ろうとしています。今年も入院中の方も無く20 人全員で春を迎えました。10 年目の春を迎えた方が何人かみえます。その中に入居してから一度も入院されていない方が見えます。あしびの中で最高齢の方です。彼女を見ていると食事をしっかり摂って、薬をきちんと飲んで、言いたいことを言って、マイペースで過ごしています。
あしび広報誌 第29号