TOPICS

2015/03/16

病院広報誌 WA! 第33号

戦国時代を迎えた医療  2008年は病院の生き残りを賭ける時代が始まったと言っても過言ではないでしょう。財務省は「社会保障費を5年で1.1兆円の削減」と明言し、1.1兆円の1年分、2200億円を削り、予測される年7000億円の増加を5000億円台増に抑えるよう厚労省に要請しました。2007年の医療機関倒産の特徴は「病院の倒産が非常に多いこと」これは医療機関の洵汰というより病院の洵汰が始まったという表現の方が正しいかもしれません。
病院広報誌 WA! 第33号