看護部

 

看護部理念

「優しさの提供」 病院スタッフ、患者様と御家族、そして地域社会への優しさの提供
「楽しさの構築」 病院スタッフの満足が患者様の満足へと繋がる組織作り
「質 の 保 障 」 人権・自己決定・ケア・安全・効率を考えた質の保障

看護部長挨拶

当院の看護部は、「元気な看護部」として評価をいただいています。

  • 1.看護教育プログラムとして、段階別教育勉強会を行なっています。また院内研修には、病院主催、内科医主催もあり、内容も多岐にわたりスタッフの自己啓発に役立って います。また、院外の研修へも積極的に参加しています。
  • 2.積極的に多職種連携に取り組んでいます。栄養サポート、感染対策、医療安全管理等を実施し、患者様により良い医療の提供を行なっています。
  • 3.精神科病棟では、患者様のリカバリーに焦点を当て援助の実施を行なっています。入院~退院~退院後の生活を考え、病棟から退院前だけでなく退院後の訪問看護にも積極的に取り組み、患者様を含めた地域との繋がりを大切にしています。
  • 4.医療療養病棟では、患者様のQOL向上を最優先に考え援助を行なっています。特に、身体拘束の廃止に向けての取り組みは地域の中で評価していただいています。
  • 5.子育て支援を積極的に行なっています。託児所を整備し、ライフスタイルに合わせた勤務の配慮をしています。
  • 6.患者様の満足を高めると共にスタッフの満足が高まるよう、個々のスタッフが意識と誇りを持って従事しています。
新美恵介

職員が元気でなければ患者様に満足の提供はできません。ひとりひとりの はつらつとした姿が、お互いに良い影響を与え、職場に活気を引き起こしています。わたしたち看護部では、多職種との繋がりを大切にし、入院時より患者様の退院後の生活を見据えたケアを展開し、訪問看護や訪問介護、地域の事業所等と連携し、患者様やご家族の望む生活、「その人らしさ」を大切に、取り組みを行なっています。それぞれの職員が「優しさ」「楽しさ」この言葉の意味を主体的に考え行動し、質の高い看護・介護を提供していきたいと思います。

看護部長
新美 恵介