看護部

 

看護部理念

「優しさの提供」 病院スタッフ、患者様と御家族、そして地域社会への優しさの提供
「楽しさの構築」 病院スタッフの満足が患者様の満足へと繋がる組織作り
「質 の 保 障 」 人権・自己決定・ケア・安全・効率を考えた質の保障

看護部長挨拶

当院の看護部は、「元気な看護部」との評価を頂いています。

  • 1.専門職としての教育プログラムを整備している事です。院内研修には病院主催、内科医主催、看護部主催があり、内容は豊富でそれぞれの段階の看護スタッフの自己啓発に役立っています。  また、院外への研修参加も積極的に行っています。
  • 2.患者様への援助について他職種と連携しながら前向きに取り組んでおり、コ・メディカルとの連携を重視し、栄養サポート、感染対策、訪問看護、医療安全管理等を実施し、患者様により良い医療の提供を行っています。
  • 3.精神科病棟では患者様にご不自由をおかけする事を最小限にするよう取り組んでいます。入院中の患者様にご不自由がないよう、病院では携帯電話の院内使用、全館ナースステーションオープンカウンターの運用、病棟内に自動販売機設置する等、県内でも先駆けて推進しています。
  • 4.内科療養病棟および、認知症治療病棟では、患者様のQOLの向上を最優先に考え看護しています。
    特に、身体拘束の廃止に向けての取り組みは地域の中で評価していただいております。
  • 5.看護師の子育て支援を積極的に行っています。託児所の整備をし、ライフスタイルに合わせた勤務を配慮しています。
  • 6.患者様への満足を高めると共にスタッフの満足が高まるように、個々のスタッフがそれぞれの役割を考え意識と誇りを持って仕事に従事しています。

われわれ職員が元気でなければ患者様に満足の提供はできません。ひとりひとりのはつらつとした姿がお互いに良い影響を与え、職場に活気を引き起こしています。職員の患者様への対応については、ご家族の方をはじめ、見学者の方々や日本医療機能評価機構などの機関の方々からも「職員の笑顔がいい、安心して預けることができる」等 お褒めの言葉を頂く機会が増えました。これからも「優しさの提供」と「楽しさの構築」ができる専門職でいられるように、環境作りと教育支援をしていきます。