訪問リハビリテーション

当訪問リハビリテーションでは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がご自宅にお伺いし、病状や状態に合わせた専門的な評価・訓練・指導など生活に即したリハビリを提供させて頂きます。また、利用者様の皆様はもちろんご家族の方にも生活上で、より安全で安楽な介助方法・介護方法、介護負担軽減のためのアドバイスなどもさせて頂きます。在宅療養されている方が住み慣れた地域で、少しでも快適に安心・安全に療養生活が送れるよう、ケアマネジャーを含め多職種とも連携を図り支援させて頂きます。

○訪問リハビリの対象となる人は?

病気や怪我、寝たきりなどが原因で身体に障がいを受けた方で、ご自宅の生活が不自由となってきた方に対して行ないます。また、今後、障がいの発生が予測される方(介護予防)も対象となります。
例えば…
・よく転んでしまう、外に出たいけど上手く出られない
・日常生活に支障がある、家事などが上手く出来ない
・後遺症があって上手く話せない、むせ込んで食べられない
・どう運動して良いのか分からない、どう介護していいのか分からない     など

これ以外でも生活の中でお困りなことがあれば、ご相談下さい。

○訪問リハビリの内容は?(写真掲載は、利用者様の同意を得ております)
<理学療法士・作業療法士>
○関節が硬くならないように動かす運動、筋力をつける運動
○痛みをとるリハビリ、呼吸を楽にするリハビリ
○食事・着替え・トイレ動作など日常生活に必要な動作の練習
○その他生活に必要な動作の練習や指導
○立ち上がる練習、乗り移る練習、部屋の中や外を歩く練習、階段の昇降練習
○家事動作の練習、趣味活動の援助
○福祉用具や自助具の紹介、住宅改修の提案
○自主トレーニングの指導、介護指導、生活指導            など

<言語聴覚士>

○失語症や構音障害の方に対して、専用の教材(カードや本、プリントなど)を使っての話す練習
※失語症:事故や脳の病気の後遺症で言葉がすぐに思い浮かばなかったり、口から出てこなかったりする症状です。
※構音障害:口や舌の麻痺で上手くお話しができない症状です。
○書字で自分の意思を伝える練習
○食事の時や水分を飲んだ時に、むせて肺炎を起こす恐れのある方に、安全に食べる練習
○食べ方や、食べ易い食事の内容の指導           など

○当訪問リハビリの訪問実施地域、営業日および特徴について
当訪問リハビリテーションは、2種類のスタイルがあり、ご利用者様の状態や状況および希望、お持ちの保険証類の種類に合わせ事業所を選択させて頂いております。
なお、対象者やサービス提供内容、営業時間などは変わりありません。

・訪問実施地域:大府市内全域、東浦町・豊明市・名古屋市緑区の一部区域
・営業日:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時
・休業日:土・日曜日・祝日及び共和病院の休業日に準じます
なお、どちらの事業所におきましても、訪問日や時間指定のご希望には添えないことがありますのでご了承ください。

①訪問看護師の介入が全く必要としない方、希望されない方
⇒共和病院からの訪問リハビリテーションとなります
→→→こちらをクリック

②月に1回以上 訪問看護師による評価やサービス提供が必要な方
⇒訪問看護ステーション ソレイユからの訪問リハビリテーションとなります
→→→こちらをクリック