精神科認定・専門看護師

皆さんは、ケアをする上で何を大切にしたいですか?
私は、いつからか「患者さんやご家族をさりげなく見守り続ける伴走者でありたい」と思うようになりました。医療を必要としない状況が理想ですが、精神科を受診される方は経過が長いことが多く、病院での出会いはその方の人生の一時期に過ぎません。同じ病名でも体験していることは異なり、かなり個別性があります。その人の心のありように関心を向けながら伴走していくという姿勢でありたいと思っています。
さらに、複雑で困難な状況に置かれた患者さんの場合、難しい状況であるほど、スタッフに諦めや無力感が生じる可能性もあります。CNSは、そのようなケースの実践や相談に応じたりします。まだまだ新米ですが、ケアする側の健康も守りながら、さらに一歩進めるように、知識を共有したり、一緒に挑戦したり、研究的な視点で日頃のケアを振り返ることができるように関わっていきたいと思っています。
精神看護専門看護師 石川恵己

共和病院には「優しい医療・楽しい職場」という理念があります。優しさとは「暖かな心づかい」だと私は感じています。共和病院の職員は精神疾患による不安・恐怖や孤独感、また障害という面による日常生活での生きづらさや碍りを感じている方々へ温かみのある関わりを大切にしています。そして楽しさとは決してラクという意味ではなく「明るく満ち足りる」環境と考えています。それぞれの職員の夢や目標、さらには家庭の状況によって仕事の持つ意味は変わります。キャリアアップや子育てとの両立など個々の職員の大切にしているものを支え合う環境が共和病院にはあります。そのような環境だからこそ優しい医療が提供できると思います。認定看護師として共に働く仲間と優しさの提供と楽しさの構築を実践し、さらに向上する取り組みを行ってゆきたいと考えています。
精神科認定看護師 宮川省吾